テーマ:歌謡曲再発

POPCON(ポプコン)関連デビュー作がBlu-spec CD2で再発!

歌謡曲、ニューミュージック、SSW界隈の音楽に興味を持たれている方には、伝説となっている「ヤマハポピュラーソングコンテスト」通称「POPCON」。 数々のアーティストが羽ばたいていきました。 2016年7月20日に、NSP、高木麻早さん、八神純子さん、門あさ美さん、相曽晴日さんの1stアルバムがBlu-spec CD2でリイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森田つぐみ「愛のスケッチブック+3」初CD化!

森田つぐみさん。 正統派アイドルですね。 デビューは1976年。当然リアル・タイムでは全く記憶にございません。 1970年代のあまり知られていないアイドルは本当にお好きな方か、リアル・タイム派しかチェックしていないかもしれません。 でも、こうやってCD化されるのだから需要はあるのですね~。 彼女の唯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山崎ハコ「人間まがい」、「歩いて」が初CD化!

山崎ハコさんはデビュー当時、中島みゆきさんのライバルと称されました。 その後お互いに個性あふれる活動に入り、そんな話も聞かれなくなりました。 1975年がデビューなので、リアルタイムでは経験できませんでしたが後にそのエピソードを知りなるほどと思ったものです。 ご主人は六文銭やフライング・キティ・バンド、井上陽水さんのバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安井かずみ、前田美波里、加賀まりこ、大原麗子再発!

先日もいくつかの昭和歌謡再発を取り上げさせて頂きましたが、まだありますので、続報を。 まずは、安井かずみさんの「ZUZU」。1999年と2004年にリイシューされていますが、現在入手困難です。 2014年3月19日に、紙ジャケでリイシューです。気になる方は早めにお願いします! 2014年4月16日には、前田美波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤真利子4W再発!

藤真利子さんは、「火曜サスペンス劇場最多犯人役出演俳優」の記録を持っていらっしゃるそうです。 当方は1987年の「黒いドレスの女」とか、TVドラマ「HOTEL」のイメージでしょうか。・・・やっぱり「HOTEL」のイメージだな。 つまり、女優さんとしての認識しかありません。 奥村チヨさんのファンを公言されていたり、ユーミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢田研二、布施明、倉田まり子再発!

ファンには、朗報です! 沢田研二さんのソロ1st~21枚目まで(1984年リリースの「NON POLCY」)が、SHM-CDで2014年3月11日に再発されます。 コチラ→ 今のところ、21枚目までですが、以降のアルバムも是非再発して欲しいです。 期待しています。 歌謡曲系では他にも、布施明さんの「布施明が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やしきたかじんキング時代の4Wが再発。

たかじんさんのキング時代の4枚がリイシューされます。 タイトルは「TAKAJIN」、「愛しのガール Takajin/2」、「明日になれば」、「プロフィール」です。 。。 。。 発売日は2014年2月26日で、特に「明日になれば」と「プロフィール」は2in1以外の単体リリースとしては初CD化となります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤さやか(サヤカ)「陽のあたる場所」リイシュー。

「恋の呪文はスキトキメキトキス」と言えば・・「さすがの猿飛」ですね。 そして、歌っているのは伊藤さやか(サヤカ)さんです。 デビューはいわゆる「花の82年組」。 「アイドルではなく、アーティスト。」というスタンスでしたが、残念な事に1986年、声帯の不調?で歌手活動を休止されました。 活動は短かったものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タワレコ限定!沢田聖子5W、とみたゆう子2W再発。

リイシュー大好きな方は既にご存知かもしれませんが、TOWER.JP(タワレコ)で沢田聖子さん5W、とみたゆう子さん2Wの再発がありますよ! 合計7W、ボートラ追加でタワレコ限定リイシュー!2013年マスターだそう。 コチラ→ 沢田聖子『坂道の少女+5』(オリジナル発売:1980年) 沢田聖子『青春の光と影+4』(オリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レア廃盤「和作」がリイシュー!

和作・・失礼ながら全く知らなかったです。 いや、何かのタイミングでは読むなり何なりはしたかもしれませんが、記憶がないので、知らないと同じです。 確かに「はっぴいえんど」の世界に通じますね! 和作「僕の四月」 「喫茶ロック」というのもどうにも(当方の世代では)掴みにくいものなのですが、つまるところソフト・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舟木一夫、3W初CD化。

少しタイミングが遅れてしまいましたが、舟木一夫さんのオリジナル・アルバム3W「愛と別れの12章」(1975年)、「一葉舟」(1977年)、「愛はまぼろし」(1977年)が2013年6月26日にリイシューされています。 全て初CD化の快挙です。 。。。。 これは舟木さんだけに限ったことではありませんが、1960年代、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Blu-spec CD2」の、特に松田聖子祭。

邦楽名盤の「Blu-spec CD2」化のニュースが非常に嬉しい限りですが、2013年7月24日の松田聖子さんの1980年代のオリジナル・アルバムが一挙リリースには心躍るものがありますね! 。。。。 。。。。 。。。。 。。。。 。。。。 当方のお気に入りはこの曲。 度々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡崎友紀「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」リイシュー!!

これはヤバい! 岡崎友紀さんの永遠の名盤「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」が最新リマスターを使用した、SHM-CD仕様でリイシューです。 ボートラも追加されて、待望の再発ですよ。 発売日は本日、2013年5月29日です。 因みにボートラは「ジャマイカン・アフェアー」、「ラブ・ストーリー LOVE …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MINMI、3年ぶりの新作と美空ひばりTOWER独占盤。

「梅雨入り」のニュースが駆け巡っています。 そうか、もう梅雨か。 この梅雨があければいよいよ夏ですね。レゲエのシーズンです。 2013年7月24日にはMINMIさんの待望(3年ぶり!)の新作「I LOVE」がリリースされます。 今年もジャパレゲは安泰です。 ニュースを一つ。 ジャパニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「昭和アーカイブス、紙ジャケこれくしょん」20130724。

堺正章さんはザ・スパイダースでの活動が有名(音楽関係です)ですよね。 ソロも着実なキャリアを積んだと個人的には感じていますが、中古屋では見ないアーティストの一人です。 故に結構なプレ値になっている盤もあり、本格的なCD化が望まれます。 2013年7月24日に、日本コロムビアさんの「昭和アーカイブス、紙ジャケこれくしょん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Blu-spec CD2」で「日本の名盤復刻シリーズ」。

よくよく考えてみたら、確かにCD発売から30年が経過しているんですよね。 様々なメディアが登場しましたが、CDの立場はそんなに変わっていない。 で、「Blu-spec CD2」です。 これは、ブルーレイDISCの製造技術をCD製造に活かした次世代高品質CDらしいです。 DVDとブルーレイではその差が歴然としていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野口五郎「GORO IN LOS ANGELES, U.S.A. -北回帰線-」。

和モノAORは揃えるのが結構大変ですよね。 BOとか滅多にないし、あっても状態がねぇ。 再発は、金澤さんがいてくれるおかげで結構進んでいますが、全貌はまだまだ先にならないと見えてきませんね。 一時、物凄く探していた盤があるのです。 野口五郎さんの「GORO IN LOS ANGELES, U.S.A. -北回帰線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福島邦子ザ・ベスト」初CD化!

1970年代後半~1980年代前半のジャパニーズ・シーンは、(年齢的に)どうしても知識が浅いです。 再発ラッシュや文献が多数出版されれば、とりこぼしているミュージシャンをチェックできるかもしれませんが、なかなか厳しいものがあります。 福島邦子さんもリアル・タイムでは記憶がない、でも素晴らしいアーティストさんの一人。 ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ぼんち「The Bonchi Club」CDリイシュー。

ザ・ぼんち(The Bonchi)。 結成は1973年だそうですが、いわゆる漫才ブームの頃の記憶が少し残っています。 でも特に記憶に残っているのが「恋のぼんちシート」。 リリースは1981年。 当然小学生だった訳ですが、やたら流れていたんでしょうね。 口ずさんでいましたからね。 その「恋のぼん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河合奈保子のLIVE映像が、ようやくDVD化!

「ようやく」という言葉が、思わずついて出そうな初DVD化リイシュー(ブルーレイも欲しかった!)があります。 河合奈保子さんのライヴ映像6Wのリリースです! 発売日は2012年11月21日で、タイトルは「BRILLIANT ~Lady Naoko in Concert」、「河合奈保子 愛のコンサート」、「SUMMER SPEC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八神純子、80年代ミドル3W紙リイシュー!

八神純子さんはそのシティ・ポップな感じがとても好きで、キャリアを通じていいなと思えるアーティストさんなのです。 ところが意外と中古屋には出回っていなくて、カタログも入手困難なタイトルが散見されます。 ファンの方は(きっと)アナログ時代経験者なので、紙ジャケである程度揃えたいのではないかなーと思っています。 しか…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

タワレコ・アンコールプレス第2弾!

TOWER.JP(タワレコ)さんの必殺のシリーズ<【タワー限定】タワレコ・アンコールプレス第2弾・コロムビア、EMI編>のアナウンスがありました! コチラ→ 今回も充実のラインナップです。 弘田三枝子さん、岡林信彦さん、あがた森魚さん、都倉俊一さん、尾崎亜美さん、山本達彦さん、薬師丸ひろ子さん等など。 気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根津甚八のレゲエアルバムがリイシュー。

小さい頃ってのは忍者に憧れたりするもんです・・よね? 当方、最初は猿飛佐助が好きだったんですが、後に服部半蔵に変わりました。 えぇ、「影の軍団」の影響です。 。。。。 さて、猿飛佐助と言えば「真田十勇士」ですが、近頃では映画・ドラマでの実写化は全然見なくなりましたね。時代に合わないのでしょうか?武将ブーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川上麻衣子のデビューALが初CD化!

川上麻衣子さんは当方より5歳年上なのですが、子供時代の5歳は意外と大きくて、「3年B組金八先生」(第2期)もリアルタイムで見た記憶がないほど。 迫田八重子という役名は非常に鮮明に覚えているので再放送を見たのか、あるいはまた別のところで知ったのか珍しく曖昧模糊としています。 つまり気付いたら既に有名な女優さんで、しかも演技派と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「The CD Club」廃盤セール。

当方の若かりし頃は「家電と言えばソニー」という認識を持っていました。 今でも充分凄い会社だと思いますが、最近では様々な会社の家電を買っています。 そのような特別視は同年代の方なら少しは理解してくれるかもしれません。 音楽に関しても「特別視」していた時代がありましたが、これは比較的早く卒業し、様々なレーベルを聴きまくる事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松田聖子「LPサイズ」紙ジャケリイシュー。

2012年の2月15日と2012年の3月14日の2回に分けて、松田聖子さんの初期アルバムが、「LPサイズ紙ジャケ」(アナログのLPサイズということです)帯付、Blu-spec CD仕様でリイシューされます! LPサイズの特別なCDは幾つか持っているのですが、これを所望するにはある程度の覚悟が必要です。収納に大変苦労しますの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤高のアーティスト、前野曜子。

前野曜子さんの名前は、CDせどりの方ならご存知でしょうね。 せどらーでなくてもコブラファンもしくは、金田一ファンは知っているかも。 才能溢れるアーティストさんなんですが、少しやさぐれな人生を歩まれた(1988年、40歳で逝去)ので、情報が少なめです。 数少ないバイオでは「ペドロ&カプリシャスの初代Vo」というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢野顕子、初期5WがSHM-CDでリイシュー。

矢野顕子さんの紙ジャケ再発があったのは、2002年の事になります。その性格上、廃盤になっており、カタログが少なくなっておりました。 中古業界では紙ジャケがプレ値となっており、再発が待たれていましたが、2011年11月23日、紙ジャケではありませんが、SHM-CD仕様で5Wがリイシューされますよ。 オリジナル・アルバム3枚と、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コスミック・インベンションのベスト・アルバム。

「コンピューターおばあちゃん」って、どれくらいの方が知っているのでしょうか? ある程度の年齢の方なら・・ある程度の年齢でテクノ・ファンの方なら懐かしく思い出されるかも。 バンド名はコスミック・インベンション。デビューは1981年。 YMO武道館公演のオープニング・アクトにも選ばれた、かなり凄い経歴を持ちます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーダーメイドファクトリー。

SONYさんの「オーダーメイドファクトリー」で、山本陽一さんの「Y.Y+5」(「Y.Y」アルバムに未収録シングル曲を5曲をプラスしたもの。)が2ndステージに進出し、予約受付を開始したようですね。 ↑「おもいっきり I Love You」はロカビリーぽくていいですよね。懐かしい方も多いのでは? あと、アグネス・チャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more