テーマ:WORLD

「BEACH BABY」。

リアルタイムで聴いたのは、このカヴァーVer。 BAHA MEN(バハメン)「BEACH BABY」。 リリースは1996年。その年の日本の夏は、どこに行ってもこの曲が掛かっていました。 オリジナルはFirst Class(ファーストクラス)「Beach Baby」。 バハメンの余波でオリジナルも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TIRTA SAR「Legong Lasem Lengkap(レゴン・ラッサム 完全版)」。

暑さもひと段落でしょうか? ただし、アウトドアに繰り出すと日が照っている時はやっぱり暑い。 せめて車内は快適なサウンドにこだわりたい。 なかなか良いのがインドネシアはバリのガムラン。 涼しげなサウンドですよね。 2015年8月2日既発のTIRTA SARI(ティルタ・サリ)「Legong Lasem…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソンゴイ・ブルース(Songhoy Blues)「ミュージック・イン・エグザイル」。

デーモン・アルバーンのユニット(プロジェクト?)で楽曲が取り上げられたマリ共和国&ニジェール共和国のソンゴイ族によるバンド、ソンゴイ・ブルース(Songhoy Blues)がデビュー・アルバム「ミュージック・イン・エグザイル」で日本デビューです。 発売日は2015年3月11日(予定)。 ブルース・バンドと言われていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケアリイ・レイシェル(KEALI'I REICHEL)「Kawaiokalena(カワイオカレナ)」

ハワイアンのリヴィング・レジェンドと言えば間違いなくあがるこの名前、ケアリイ・レイシェル(KEALI'I REICHEL)。 日本人に愛される彼はジャパン・ツアーも頻繁にブッキングしてくれていますので、何がしか途絶えることなく彼のニュースをききますね。 2014年10月21日にリリースされたフル・アルバム「Kawa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇妙な森ガール。

「森おっさん」・・・Damien Jurado(ダミアン・ジュラード)の「セイント・バートレット」は今でも愛聴しています。 しかし、2010年で既に「森ガールの次は、森おっさんだよ。」のフレーズがでてくるんですねぇ~。 意外。 で、その森ガールはどこに行ったのか? 新手が登場しています。 ブエノスア…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ベリー・ダンス!~ザ・ベスト・オヴ・ジョージ・アブド」。

GEORGE ABDO(ジョージ・アブド)はレバノン生まれ(アラブ系とアメリカのハーフだそう)のアメリカ育ち。 若い頃からリズム&ブルーズを唄っていたそうですが、ある日自身のルーツに目覚め、中近東のサウンドを奏でるようになったそうです。 とは言え、コテコテのサウンドにすることもなく、良い部分を取り入れた自分の個性もブレンドし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニジェールのブルーズ、ボンビーノ「NOMAD」。

ニジェール共和国ってよく分かりませんでした。 ナイジェリアとは違うんですね。当たり前でしょうか。西アフリカにあって、リビアやナイジェリアと接しているそうです。 そのニジェール出身のG&SSWのオマーラ”ボンビーノ”モクターが、話題になっていますね。 Mahegagh どうやらニジェールは紛争状態にあるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アルプス一万尺」。

「アルプス一万尺」という曲がありますね。 当方、童謡とか唱歌とかそういう類に非常に弱い。 うちのパートナーはしっかり覚えていて、凄いなぁと思ったりします(それが普通?)。 当方は近年、登山・アウトドア・鉱物採集が趣味となってきているので、なんとなく耳に、目にする機会が増えたのが件の「アルプス一万尺」。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月サウンド・・?

新年、明けましておめでとうございます。 まぁ、お正月という事で今日は伝統ミュージックです。 いわゆる雅楽の越天楽といわれるのが、コレ↑。 よく耳にしますね。 でも鉄板はこちらか。 宮城道雄さんの「春の海」。箏曲(そうきょく)で、箏とは琴の事です。 宮城さんで言えばこちらも有名。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルコス・ヴァーリ、70年代初頭の4Wが様々な仕様で再発。

マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle)はブラジルのSSWでキーボーディスト。 ブラジル音楽を広めた功労者の一人と言っても過言ではないでしょう。 日本でも人気があります。 彼は初期にはデオダートとも共作していますし、メロウな印象がありますが、ジャケを見た事がある方はサイケな風味を感じるかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イズラエルの国内盤初ベストがリリース!

ハワイのミュージシャン、沢山の有名アーティストがおられますが、1997年6月26日に38歳で夭逝されたイズラエル(イズラエル・カマカヴィヴォオレ=Israel Kamakawiwo'ole a.k.a. IZ)もその一人です。 ↑この曲は「Somewhere Over the Rainbow/What a Wonderfu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pan Note Magic。スティールパン最高!

スティールパン(Steelpan)と言えばカリブ海はトリニダード・トバゴ(共和国)ですね。 彼の地では国民楽器に指定されているとか。 元々はドラム缶から作られた楽器ですが、独特の響きが結構ツボです。 オムニバスなんかを数枚保有しています。ヒーリングな意味で聴いています。なんかいいんですよ。 日本でメジャーになる日…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

CHICANO BATMAN(チカーノ・バットマン)の新作!

2010年にアナログのみで発売されたアルバム「CHICANO BATMAN」が2011年8月12日にCD化された。 バンド名はタイトルと同じCHICANO BATMAN(チカーノ・バットマン)。 ・・・何というバンド名・・・ゆるい! サウンドも宅録ローファイな佇まい。 暑い夏には、これくらいがちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NYサルサ、LA EXCELENCIAのNew AL。

アレックス・ロドリゲスやキャメロン・ディアス、ジョン・レグイザモ、グロリア・エステファン・・・皆さんいわゆるヒスパニック系です。 思いつく人をささっとあげてもこれだけの方がスラスラっと出てきます。 今、アメリカではヒスパニック系が総人口に占める最大の民族になりつつあるようです(ヒスパニックは人種の括りではないので、日本人から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェラ・クティ、1986年のLIVE盤!

ナイジェリア出身のミュージシャン、フェラ・クティ(FELA KUTI)は音楽好きなら一度は耳にした事のあるアーティスト名ではないでしょうか? 残念ながら1997年に逝去されていますが、いわゆるアフロ・ビートの創始者と呼ばれています。 あまり聞かないかも知れませんが「Black President(黒い大統領)」とのあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロノス・カルテット(Kronos Quartet)「レインボウ」。

クロノス・カルテット(Kronos Quartet)はUSの弦楽四重奏団です。 デイヴィッド・ハリントンによってユニットが結成されたのは1973年の事です。 当方が1歳のころです。物凄い歴史あるユニットです。 現代音楽が専門だと思うのですが、音楽性は多岐に渡っています。 クラシックが得意ではない当方ですが、このク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のコーヒーソングたち。

「コーヒー・ルンバ」と言えば・・・ 西田佐知子さんでしょうか? それとも荻野目洋子さんでしょうか? 当方は、荻野目さん世代です。 さて、「コーヒー・ルンバ」ですが、実はアルパ奏者HUGO BLANCO(ウーゴ・ブランコ)のVerが有名で、世界的にヒットした曲なのですよ。 Wikiによると「原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インナ・モジャ(Inna Modja)の新作。

ちょっと変わった名前。 インナ・モジャ(Inna Modja)。 現在フランスでは「French Cancan(フレンチ・カンカン)」が大ヒット中! でも、フランス人ではありません。 アフリカのマリ出身で、デビューのきっかけは、かのサリフ・ケイタ御大が発掘したことによります。 で、現在はフランス在住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド化計画 ~瞑想~。

「インド化計画」と言えば・・筋肉少女帯の「日本印度化計画」が思い浮かびますよね。 ・・浮かばない方もいるかもしれませんが。 さて、HMV ONLINEさんのニュースで偶然「インド化計画 ~瞑想~」というタイトルを発見。 めちゃめちゃ暑いですし、これ、いいかもしれません。 人気blogランキングへ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAIKUH JIKANG「滞空時間」=バリ、ガムラン。

最近、バリ・ミュージックにハマっているのは以前お伝えした通り。 「バリ・ミュージック」と言っても、プレイしているのは現地のアーティストだけではありません。 日本にも「TAIKUH JIKANG」というガムラン系ユニットがあります。 このユニットはガムラン奏者、川村亘平さんのソロ・ユニットとなります。 UA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェスやらバリ島やらエネループやら。

先週は土日とも出勤でしたので、本日有給をとり、ゆっくり・・・せずに飛び歩いてきました。 途中BOさんに寄り若干のハンティングを敢行。 なかなか良いものがありましたよ。 ムックも1冊購入しました。「別冊GO OUT CAMP STYLE BOOK (ゴーアウト キャンプ スタイル ブック) 2010年 08月号」です。嬉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジリオラ・チンクェッティ、通販限定箱。

以前、トヨタ・ヴィッツのCMで使われた「雨 -LA PIOGGIA-」。 そう、ジリオラ・チンクェッティ(Gigliola Cinquetti)です。 フル(?)で見てみましょう。 南沙織さんも「潮風のメロディ」でこの曲をカヴァーしているんですよ。 さて、ジリオラ・チンクェッティと言えばカンツォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イレーネ・フレッツァートの「Calling You」。

「コーリング・ユー(Calling You)」と言えば「バグダッド・カフェ(BAGDAD CAFE)」で、なお且つJevetta Steele(ジュヴェッタ・スティール)ですね。 ジェヴェッタ・スティールはゴスペル・ベースであり、同郷(ミネアポリス)の殿下とも絡みがあります。 つまり、R&B(コンテンポラリー)のアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジムス「Azimuth」他が1500円!

昨日は久しぶりにトレッキングに行ってきました。 いわゆる植林地帯を抜け、斜度きつめの登山道をのぼりくだり・・ヤマを満喫です。 まぁ、植林地帯というと杉。 杉って、本当に日本らしい樹木。花粉とかで有名ですが、花粉症でない当方には特に悪いイメージもなく。 ところが、本日はくしゃみ、鼻水の嵐。あれ?風邪かな?断じて花粉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロス・ダグ・ダグズ「Smog」がリイシュー。

かなり、ヤバい! Mexican Hard psycheバンド、ロス・ダグ・ダグズ(Los Dug Dugs)の1972年の2ndが、新規リマスター&紙ジャケ仕様でリイシューです! 香りは普遍的なブルーズ・ハード・ロックもしくはガレージ・ロックなんですが、リードのフルート(!?)が超サイケです。 ファズ・ギター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤエル・ナイム(Yael Naim)「She Was A Boy」

数日前、ヤエル・ナイム(Yael Naim)の新譜情報が入ってきましたね。 ヤエルは2008年「MacBook Air」のCMに「ニュー・ソウル」が使われて、大人気となったアーティストです。 パリ在住とはいえ、出身はイスラエル。 (イスラエルに)国独自のサウンドの特徴とかあるのか全く分かりませんが、彼女の作品は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンダ・サー

度々取り上げさせて頂いているセルメンことセルジオ・メンデス。 セルジオ・メンデス&(と)ブラジル~と来れば、もうそれは'66(Sergio Mendes & Brasil '66)ですよね。 まぁ、実際には'65と'77、タイトルでは(バンド名でもあった?)'86や'88もあります。 でも「マシュケナダ(MAIS QU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Luiの激レア盤が再入荷するらしい。

AOR伝道師、金澤寿和さんのファンなら氏のブログはチェックしておられると思いますが、ハワイアン・・コンテンポラリーの激レア盤LUI(ルイ)の記事を覚えておられるでしょうか? 確かその記事がUPされた日には在庫切れになってたと思うんですよね。 16000円位ついていた記憶もあるなぁ・・。 さて、そのLUI、金澤さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ケチャ。

毎日暑いですね。 昨日書かせて頂いたように夏カゼを患っておりまして、ハンティングどころではない日曜日です。 咳が止まらないし、ダルいしで最悪です。 そういう時はコレです。 ワールド・ミュージックというのは、いつの時代も一定の需要がありますが、欲しい時にお店にない筆頭かもしれません。 他には「ラジオ体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディクシー・チックス→Court Yard Hounds。

ディクシー・チックス(Dixie Chicks)と言うと、どうしても例のブッシュ大統領批判が思い起こされそうですが、本来はカントリーのフィールドにいるグループの中でも最高にキャッチーで、ポップな良いバンドだと思います。 件の事件は2003年でしたが、その後2006年に「テイキング・ザ・ロング・ウェイ(Taking the …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more